メリハリある大学生活をエンジョイ!学生らしい生活ができる部屋

インテリア

生活の不便さはストレスに!

快適な学生生活を満喫するには、賃貸の立地は重要です。単に、キャンバスから近い立地の物件なら、通学しやすいですが場合によっては生活に不便さを感じてしまうケースがあります。例えば、アルバイト先やコンビニ、スーパーが遠くて行き来しにくいなど、このような不便さは、日々の生活でストレスになるでしょう。

[PR]
学生向け賃貸が探しやすい!
物件選びの際に活用する価値アリ☆

高級賃貸物件の魅力に迫る!

男女

環境が住み心地を左右

高級賃貸物件は大勢の方々が憧れている物件となっています。しかし物件の特徴や探し方に注意をしなければ、契約後に後悔してしまう可能性もゼロではなくなるので気をつけましょう。

詳しく読む

大学生向けの物件

大学生向けの物件にはいくつかの特徴があります。こうした特徴を理解して物件探しを行なうことで学生生活を満喫できる物件を見つけ出すことが出来るようになるです。次のコンテンツには部屋探しに役立つ情報を紹介しています。

4年間快適に過ごせるお部屋の条件

集合住宅

キャンバス・バイト先・遊び場との距離感

大学生活をおくる上で必須なのは、キャンバス・バイト先・遊び場との距離感です。キャンバスから近いと、通学しやすいですが友達のたまり場になってしまいます。逆に、バイト先や遊び場が近すぎると、バイトに精を出す、あるいは遊び場の誘惑に負けて講義を欠席しがちになる可能性もあります。講義・バイト・遊びのバランスをとるためには、適度な距離感のところにある賃貸物件を選びましょう。

家賃が安い物件

学生さんは、つい新築の物件を選びがちです。確かに、新築の方が設備的にもデザイン的にも過ごしやすいと感じられるでしょう。しかし、家賃は高めに設定されていることがほとんどなので、毎月の家賃支払いがきつくなります。経済的に余裕で過ごしたいなら、築年数が5年か10年のところがオススメです。ある程度築年数がある賃貸物件なら、新築と比べてリーズナブルなので毎月の家賃支払いで負担を感じにくいです。

駅近物件

駅から近い場所にある賃貸不動産なら、キャンバスは勿論ですがバイト先や遊び場へ楽に行き来できます。それに、駅によっては飲食店やコンビニなどの店舗が充実しているので、生活物資や食品の買い出しもできるので利便性は高めです。

物件探しの秘訣

不動産探しのコツとしてどれくらいの間取りか、幅と奥行き、バスとトイレが別、セキュリティがしっかりしているかなど、あらかじめ基準を決めておくと不動産業者やインターネットでの部屋探しでいくつかの目星をつけやすくなりますよ。

不動産契約で使われる用語集

  • 仲介
  • 代理
  • 一般媒介
  • 専任媒介
  • 即入居
  • 連帯保証人
  • 入居審査
  • 原状回復費

[PR]
横浜で高級賃貸を探そう
不動産会社選びが重要☆

[PR]
新橋エリアの賃貸が満載☆
物件探しをスムーズに進めよう

[PR]
大田区でシェアハウス物件を探そう
検索サイトの利用がイチオシ☆